■ハワイの楽園ゴルフはホノルルのあるオアフ島だけではありません


ハワイの楽園ゴルフはホノルルのあるオアフ島だけはありません。
ホノルル空港からわずか30分のマウイ島、40分のハワイ島にもゴルファー垂涎のリゾートが数多くあるのです。ネイバーアイランドでのゴルフの魅力は何と言っても、突き抜ける青空の下、360度に広がる太平洋とダイナミックな自然を舞台に思う存分ゴルフを楽しめる事。海と空の青、フェアウェイの緑とのコントラストがくっきりと映える中、時折顔見せる可愛らしい小動物や色豊かな羽を持つ鳥たち、海岸で甲羅を乾かしている海亀の親子、そして運が良ければ沖合を悠然と泳ぐクジラの群れを見ることができるのは、ネイバーアイランドだけの特権でしょう。
数年前、偶然にもクジラの群れを見つけた時、同伴メンバーは言うに及ばす前の組も後ろの組のアメリカ人もプレイを中断してその姿に見入っていました。このようなのんびりさがハワイのゴルフなのです。
ここでゴルフ三昧のバケーションを満喫するにはレンタカーが必須。広い島内を効率的に移動してゴルフ場の「はしご」を楽しむにも、レストランへ食事に行くにも、またコンドミニアム派にはお決まりのスーパーへの買い出しもレンタカーが不可欠です。右ハンドルに一瞬戸惑いますが簡単なルールを覚えれば心配はご無用、なにせ一部の市街地を除けば全て車幅のある一本道で迷うことはありません。問題はネイバーアイランドのキーポイントは宿泊施設の選定です。ホテルかコンドミニアムか、リゾート内に泊まるかリゾート外にするか、目的と予算によって組み合わせは自由自在だけに事前の計画はしっかりと。リゾート内の宿泊施設は高級・超高級でかなり割高、贅沢な空間の中で満ち足りたリゾートライフを堪能できます。ゴルフ場へも散歩感覚でアクセス可能、もちろん宿泊者にはリゾート内ゴルフ場のグリーンフィーの割引が適用され優先予約のサービスもあります。
一方、リゾート外の宿泊は何と言っても価格が魅力。リゾート内の同程度の設備・広さの宿泊設備に比べ2-3割は安いかもしれません。グリーンフィーの割引や優先予約のサービスはありませんが、複数のリゾートのゴルフ場でラウンドするなら特定のリゾートに泊まるより各ゴルフ場への移動には便利でしょう。



さて肝心のゴルフ場ですがマウイ島には14、ハワイ島にも同じく14のコースがあります。
実はこの他にもコンドミニアムや邸宅の所有者(オーナー)のみがラウンドできる完全プライベートのコースもあるのですが、残念ながら旅行者には縁がありません。それでも有り余る選択肢、マウイ島とハワイ島の主なゴルフリゾートについてご案内いたします。

ホノルル空港でハワイ島やマウイ島への小型機に乗り換えると日本人が極端に少なくなります。ネイバーアイランドへの観光客の80%がアメリカ本土から、そのため島内のリゾート施設もアメリカ志向で雄大でダイナミック、広大な敷地の中に複数のゴルフコースや高級ホテル、コンドミニアム、レストラン、プール、ショッピングモール等があり長期の滞在でも飽きることはありません。

先ずは40分のフライトでハワイ島のコナへ。ここでゴルフを満喫するなら北西海岸のコハラコーストがお勧め、大人の贅沢な時間を楽しむならフアアライ、家族で行くならワイコロア、ゴルフ仲間とだったらマウナラニ、プライベートのお忍びの旅だったらマウナケア、どれもが素晴らしいリゾートですがゴルフコースの風格といえばマウナケアでしょうか。
特に3番、海越えの272ヤードPAR3の景観は圧巻、この土地のオーナーであったロックフェラーに名設計家であるロバート・トレント・ジョーンズは「この場所にコースを設計させてくれるのであれば、世界で最も美しいコースを作ります」と断言したほど。開業の1964年、当時のBIG3、ニクラス、パーマー、プレイヤーがここに集いエキシビションマッチを行いました。レギュラーティからは179ヤードですがそれでも私にとって1オンは至難の業、太平洋から吹き付ける風に煽られボールは海に消えていくのでありました。



次に向かうのはホノルル空港から30分のマウイ島、この島のゴルフリゾートは西部の海岸沿いと南部の海岸沿いに集中しています。西部にはカパルアとカナアパリが、南部にはワイレアとマケナがあり、それぞれリゾート内に複数のゴルフコースを有しています。中でもカパルアはゴルファーにとって理想郷でしょう。リゾートには上級者・上中級者・中級者向けに3つのコースがあり、中でも上級者用のプランテーションコースはPGAツアーの開幕戦となるトーナメントオブチャンピオンズ(前年度ツアーの優勝者のみが出場)の開催コース。2012年はJ.ストリッカーが23アンダーで優勝しました。思い出すのは2000年のこの大会でタイガーとアーニー・エルスの死闘です。PGAツアー最長ともいわれる18番665ヤード(Par5)でどちらも10m超のパット決めてイーグルをもぎとりプレイオフへと突入、結果はタイガーの優勝でしたが、アーニーは2003年にコースレコードの261(31アンダー)という驚異的なスコアで屈辱をはらしました。この18番665ヤードをイーグル!信じられないスコアですが、乾いた空気、ダウンヒルの地形、そして風が味方すれば350ヤード超のビッグドライブ、そしてイーグルはシングルにとって夢ではありせん。さて、約1年に亘り世界中の名コースを旅してきましたが、今回の旅はここマウイ島でクラブをバッグに納める事にします。まだまだある世界の名コース、次の目的地はどこにしましょうか。





**********************************
フェアウェイ ゴルフツアー・ゴルフ旅行
フェアウェイ
**********************************