■ロイヤル・トルーンへ


スコットランドの玄関口グラスゴーはロンドンから空路で約1時間30分、人口60万人のスコットランド最大の都市ですが1960年代は100万人を超えていました。なんとなく寂れた感じがするのも英国病を長い間患っていた影響なのか、街の観光はそこそこにレンタカーをピックアップしていざリンクスへ。

西海岸には北からロイヤル・トゥルーン、プレストウィック、そしてターンベリーと名コースが軒を並べています。その言葉通りロイヤル・トゥルーンとプレストウィックは互いの9番、10番が川を挟んで隣接しており、川さえなければ同じクラブになっていたかも知れません。
そのロイヤル・トゥルーンまではグラスゴーから車で1時間弱、日本からロンドン経由でグラスゴーに到着すると同日の夕方には同地にチェックインすることができます。ロイヤル・トゥルーンには海側にオールドコースと陸側にポートランドコースがレイアウトされ、全英オープンのローテーションはオールドコース。前回の開催は2004年で日本ツアーでも活躍したトッド・ハミルトンがアーニー・エルスとのプレイオフを制し優勝、日本中を驚かせました。


さてここでの目当てはもちろんオールドコースですが月・火・木限定の完全予約制、しかもハイシーズン(4月-9月)はこの2つのコースでのラウンドがセットの抱き合わせ商品となります。ハンディ制限もきつく男性20、女性30が上限、クラブハウスへのドレスコードも厳しく、いかにも保守的なメンバーシップクラブが渋々ビジターを受け入れているような印象ですが、世界一のPAR3と評される8番123ヤード「Postage Stamp」を体験できるのならその煩わしさも受け入れなければなりません。
宿泊はクラブハス脇に建つ「Marine Hotel」がお薦め、眼下に1番、18番のフェアウェイの緑、その向こうには夕日に光る海原が広がりリンクスに来たことを実感させてくれます。




沈む夕日を眺めながら地元のモルツで乾杯、これもリンクスの楽しみの一つです。









**********************************
フェアウェイ ゴルフツアー・ゴルフ旅行
フェアウェイ
**********************************