■マスターズ2011閉幕


白熱した戦いが繰り広げられたマスターズ2011が本日閉幕いたしました。

優勝したのは南アフリカのシャール・シュワーツェル26歳。
本日6アンダーの、TOTAL14アンダーでフィニッシュ。
見事な追い上げでした。

また、アダム・スコット、タイガー・ウッズの5アンダー、マスターズ初参加のジェイソン・デイの2位は見ごたえがある素晴らしい戦いでした。昨年の全英で見たアダム・スコットの華麗なティーショットと緻密な計算がされたタイガーの完璧なショットが私の脳裏に走馬灯のように蘇ります。

さて、日本選手。
石川選手、松山(アマ)選手、共にがんばりましたね!
石川選手は本日2アンダーのTOTAL3アンダーでフィニッシュ。20位と活躍しました。
”20歳でマスターズ優勝”という目標はそう遠くはないかもしれませんネ。
来年はきっと、彼の優勝争いに、手に汗握る1日になると思いますよ!

アマの松山選手は本当に素晴らしかったですね!
本日は2オーバーでしたが、TOTAL1アンダーで堂々27位。
昨年の覇者フィル・ミケルソン、今大会のチャンピオン、シャール・シュワーツェルと並び、インタビュールームでの表彰式の際には日本の誇りだと思いました。
あんなに堂々とプレーをしていた松山選手も、インタビューとなるとかなり緊張している様子で、そんな大学生らしさも垣間見れた一時でした。

日本国民全員で戦った今年のマスターズ。
日本の若手ゴルファーの大活躍ぶりにまだまだ目が離せません。

“行きたい”と思いながらもなかなかマスターズを観戦しに行けていない皆様。
来年もフェアウェイでは素敵なプランを用意しますので、どうぞお早めにお問い合わせください。
10月、11月にご連絡いただければ、ご参加の確約が濃厚ですよ。










フェアウェイ ゴルフツアー・ゴルフ旅行
フェアウェイ

  • 全英オープン2011
  • 全米オープン
  • マスターズ